たくさんの命が宿っているサスティナブルな着物生地

naomariaです。

 

突然ですけど「サスティナブル」って言葉。昨今よぉ~く耳にしますよね。アパレル業界ではファション用語として確立しています。

私が最初この言葉を聞いたとき、「また流行語のようなものを作りだしたなぁ」と眉をしかめたのだけど、意味を調べたら深く考えさせられました。

サスティナブルとは「持続可能な」という意味。ニュアンスとしてはいかに環境に負担かけることなく新たな生産を実現できるかといったところ。

 

 

数年前、地元のゴミ処理場を見学し、あまりのゴミの多さに幻滅したことがあります。私が幼少時のゴミの分別は、

燃えるゴミ
燃えないゴミ
大きなゴミ
危険ごみ

の4つのみ。とてもざっくりです。

それが今、分別は細かくなりゴミ収集の日も増えている。単純に、ゴミが減れば、ゴミ出しの頻度も減り、楽ちん。みんなそんな”楽”をすれば、社会全体のゴミも減る。

ゴミを燃やすことで排気される二酸化炭素も減り、自然を守ることにも繋がる。それが世界に広がれば、いつしか「京都議定書ってなんだっけ?」というほど地球はきれいになるんじゃないか。そんな希望が湧いてくる。

ただそう考えると急に規模がでかくなって、自分事じゃなくなるのも分かる。やっぱり自分のことばかり考えちゃうし、目先の事に囚われてしまう。ただ小さなことにどれだけ配慮できるかで、自分を取り囲む環境は少しずつ変わるんじゃないかと感じる。

 

1枚の着物に必要なお蚕の数

着なくなった着物を使いアート作品を作るようになったら、不要とされる着物がたくさん私の元へと届くようになった。

一個人では考えられない数を保管している。一軒家をアトリエにしてるんだけど、そうじゃなかったら保管場所に頭を悩ませるほど。

私の周りだけでこれだけの着物が「不要」とされている現実。日本全国で考えたらどうだろう?天文学的数字じゃないかな。

 

着物は絹から出来ているのはご存じの方が多いですが、では

一枚の着物を作るのに必要な繭の数ってどれだけだと思います?

一枚の着物を作るのにお蚕さんは2000匹以上も必要だと言われています。

 

お蚕も命

命を頂いて着物は出来上がっているんです!

そんな事実を知ったら「簡単に捨てては駄目!」だと私は思うんですよね。とはいえ、いろいろ悩まれて最終的に(後ろ髪引かれながら)処分するという選択をとっている方がとっても多いです。

だから「捨てるのは忍びない」とリサイクルショップにも持ち込むんですよね。その数なんて愕然とするほどですよ。「もらっては困るものNo.1」という不名誉な称号を与えられてしまうほど着物って厄介者扱いされてるんだよね。

今みたいにリサイクルショップがない頃は骨董屋さんや質屋さんに持ち込まれていたんじゃない?かといって、みんながみんな持ち込むわけではないしね。ゴミとして捨てられたり、野焼きがまだ法律的に禁じられていないときには焼却されることすらあった。庭先で焼却処分したという個展来場者さんの話に言葉失ったもんね。それが昔は”普通”だったんですって。

こんなに美しい着物がたどる末路。新たな方が魅力を見出し着ることはほんの数パーセント。ほとんどが眠ったままの状態で、”最後の時”を待つ。

 

着物一枚作るのに必要なお蚕は2000以上。
糸を紡ぎ、織り、染色し、柄を描き、仕立てる。
この行程だけでも数十人の職人の手が加わる。

 

そうはいっても、悲観的な現実ばかりでもないようです。
私が通っていた着付け教室では新規の生徒さんが一気に増えたそう。そのうちの何人かは、カメラが趣味で「着物着て撮りたい」という理由で始められたんですって。

若い方がどんどん着物を着るようになると、ユーズドの着物のニーズもどんどん高まる。捨てられる着物もまた日の目を見ることができる。

なんと嬉しいこと!
この循環がもっと活発化したらなぁ。

どこを見渡しても着物を着た人たちばかり、という世界はなかなか難しいでしょうが、着物を着ているからといって振り向かれるようなことがなくなる時代がそこまで来ているかもしれない。(あ、これは希望的観測かな。。。)

着物はやはり着るのがベスト。ただ、汚れがあったり生がないもの、好みではないもの、そもそもサイズが全然合っていない着物を着るのは難しい。

そんなときに皆さんやることはリメイクだよね!

 

解いた着物は一枚の生地になる?!

着物の多くは正絹。優れた絹。新たに絹生地を買おうと思うと、ちょっぴり値がはる。でも着物ならお値打ち。

昔の反物は、幅9寸5分(約36cm)長さ3丈(約12m)。ただし、昔は小柄な方が多いので、今はもっと幅も広がったり長くなっているのだそう。といっても、比較的新しい着物を解いても幅が36cm以上のものはあまり見かけません。

1寸=3.03cm
1分=0.303cm
1丈=10尺=100尺=1000分

長さは、単衣(表地のみ)だと12m。最初に表出した数字の通り。袷(裏地あり)だと、八掛という裾周りの裏地部分が4mとなるので合計16mという計算。胴裏部分は羽二重を使うことが多いので別生地。基本、表地と八掛は違う生地を使うので、メイン生地は12mと考えた方が良いでしょう。

今の反物は平均16mですが、”古着着物を解く”という前提でお話ししていますので、昔の平均サイズで話を進めていきます。

16mとは言わなくても12mもあると思うと、解けばかなり使えるテキスタイルとなりますよね。痛んでしまっていたり汚れてしまっていたりする部分は省きますから、使える部分は減ります。

それでも十分。なかなか活用しがいのある量です!着物は直線断ちされている合理的な衣服。解けば反物の状態に戻せる。

(ま、もちろん途中で切断されてるんで、完全に一枚の生地にはならないけどね)

 

着物はこのような作り↓で出来ています。パーツ部分はそれほど多くはありません。

これを解くとこんな感じ↓なります。こちらは単衣の紬風着物。

解いた着物のパーツサイズは上の通り

 

もっと分かりやすく反物の状態を図↓にしてみます。

上図は着物(表地)部分。下図は八掛(裏地裾周り)部分。着物部分は12m、八掛部分は4m。見ればおわかりの通り、直線断ちされています。解いて洗ってもまた簡単に仕立て上げることが出来ることが解りますよね。

ね?合理的な構造でしょ?

もの作りにおいてはものすごく扱いやすいカタチ。直線断ちされているから、有効に使いやすい。無駄が生まれにくいからね。

着物こそまさにサスティナブル!!!
ビンテージなんて超当たり前!

中には価値あるアンティークものが眠っていることもある!銘仙なんてもうアンティークの域だから、収集家めっちゃ多いよね。私も好きだもの♡

 

「ビンテージ」は20~30年ほど。「アンティーク」は100年超えのものを指す。ちなみに「レトロ」は、古風なデザイン・雰囲気という意味。新しくても昔っぽいデザインならレトロと呼ばれます。

 

眠ったままの着物を積極的にリメイクしよう!

着物リメイクというものは、この合理的な作りを活用して古着着物を再利用するのです。

直線断ちのおかげで使いやすいクラフト材料にもなる。
しかも古着着物って絹で出来ているし。天然絹地を購入しようと思ったらかなり高いよね~。昔の着物なら天然絹がメインなので、マテリアルとしては最高品質。

それが今ではリサイクルショップなどで格安で手に入るんですよ。これ、使わない手があります?というわけ。

ただ「柄が素敵♡」「伝統品だから」という理由だけじゃなく、素材としても最高品なので再利用を激オシしています。まぢでお勧めです!!!

確かに、実際に使うまでの「解いて洗ってアイロンかけて」など手間がかかりますが、作品や商品となって仕上がったときの悦びを感じたら苦痛な作業ではないはず。。

 

解く時の注意点と作業の順番
①仕立てられた順番で解く

衿 → 衿下 → 表地と裏地を離す → 裾 → 袖 → 各パーツ

が目安。ただ仕立て方によってはこの通りにはならないので、衿と衿下を解いた後は解けるところから解いていきましょう。

【注意点】
リッパーで丁寧に解く。無理にひっぱったり、糸切りはさみを使うことはNG。
・切れ端は、洗ったときに糸が出やすいので、ピンキングばさみでカットするかまつる。

②洗う

手洗い推奨ですが、洗濯機でも洗えます。

・まず、一番汚れている共衿(掛衿)部分で染料の落ち具合を確認します。染料漏れがなければ、洗濯ネットに入れ洗濯機で洗います。
おしゃれ着洗いコースで、脱水時間は30秒ほどが目安。あまり脱水時間が長いと、しわになり、あとでしわを伸ばすことが大変。
絹が洗える液体洗剤を使用。
染料漏れがひどい場合は、ご自分で洗うのを諦めてください。プロにお任せした方がいいです。

伝統的な洗い張りという方法もあります。伸子(しんし)を打つのにコツがありますが、一度は体験してみる価値はありますよ。洗いに関してはまた別トピックでお伝えしますね。

洗い張り

③干す
風通りの良い日陰に干す。このときシワをしっかり伸ばして干すこと。
④アイロンをかける
乾いたら、あて布をし中温でアイロンをかけます。
この方法は、オールマイティではありません。状態は着物によって異なります。
 
まずは、結果がどうなっても受け容れられるような着物で試してみてください。少しずつ経験しコツを掴むことで、ある程度の着物を洗えるようになります。
 
そして、洗える着物、洗えない着物の区別も付くようになります。染料の滲み出しについても見分けが付けられるようになります。
 
何事も経験です。
まずは着物一枚試し洗いしてみてください。
 
そこでハマったら、どんどん洗って、どんどん活用してください。古着着物も喜ぶでしょう。
もし、洗うのは面倒だけど着物生地使いたい、と言う場合は、業者さんに解いて洗ってもらうか(洗い張り)、クリーニングに出したあと自分で解くか、ハギレを購入するか。
 
リサイクル着物は一般的には洗われていないものがほとんどですが、まれに「クリーニング済み」というお店もありますので、根気よくお探しください。わかりやすいのは、袖に仕付け糸が付いたままのやつ。それはクリーニング済みです。
 
 
着物は1点もの

プレタポルテのようにプリント生地で作られたお着物とは違い、一枚一枚手書きまたは型染めされたいわゆる「ザ・着物」は先ほども話したとおり正絹が多い。柄も一点もの。

同時期の同工房で作られたものにはそっくりな柄行の反物が存在するけど、基本「一点もの」と考えてもいい。

↑の写真。愛知県在住の私が姫路市内の着物リサイクルショップで出会った銘仙。右は私の着物ベア。左がリサイクルショップの銘仙。

めちゃめちゃそっくりでしょ?

+(プラス)か-(マイナス)かの違いくらいなもん。この発見にはお店の方と大興奮したわ。

 

リサイクル着物の良さっていろいろあるけれど

チェック(透過) 一点もの
チェック(透過) 上質な生地
チェック(透過) 安い

じゃないかな?上質なマテリアルをお値打ちに手にできちゃうのよ。

私はここ↑に「今にはない斬新なデザイン」が加わります。

 

あなたのアイデア次第で

着物をリメイクする楽しみが増す
唯一無二のデザインをお魅せできる
オンリーワンアイテムをお届けすることが叶う

着物って着るのもそうだけど、リメイクとして使うのも万能なのよ。無限の可能性が眠っている。

 

だからね。みんなにはどんどんその眠りから着物たちを目覚めさせて欲しいの。

着物ってめっちゃすごいじゃん♡

そんなふうに発信する人がもっともっと増えたら処分される着物は減るんだろうな、って。これもサスティナビリティの活動となるんだよね。

私も”着物デストロイヤー”だからこそお伝えできる、アップサイクルアイデア着物のあれこれを発信し続けていきますね。