バイオグラフィー

naomariaの誕生

2012年。TVニュースで心を痛めた。

政治的事由、歴史的背景で争い合う国と国。
文化、娯楽、芸術ではお互いを尊重することができるのに、
政治や歴史が関わると どうしてこんなにも お互いをいがみ合うのか。

悲しくなった。

「私には何ができるのか?」

自分が創り出すアートで 一瞬でもそのような国の人々を笑顔にしたい

そんな想いが込み上がり、アーティストとして活動する決意を固めた。
こうして”naomaria”が誕生した。

自由な創造性で 国境を越えて笑顔を届ける

これがnaomariaの活動目的でありモットーの一つである。

 

バイオグラフィー

naomariaがプリザーブドフラワーの作品制作において他との差別化を追求した結果、2013年”着物コラージュアート”という新しいアートが誕生。”直感”に従い生まれたこのアートは、彼女にとって純粋な想いの結晶である。2015年芸術活動開始。国内ではギャラリーや美術館、有形文化財などで個展を開催。2018年9月には、念願のニューヨークで個展を開催した。

naomariaは、長い歴史が育んだ伝統と技術の詰まった着物には強いロマンを感じる、という。特に、アンティーク着物や昭和20~30年代のビンテージ着物からアナログの不完全さと温かさをひしひしと感じ取り、いつでも彼女を70年代の心穏やかな時代へと導く。そこに、naomariaの特徴的な色組み合わせが加わり、独創的な作品が誕生する。頭の中やビジョンに浮かぶ世界をさまざまな手法で再現していくことに日々意欲を燃やしている。